• ホーム
  • 授乳中には母体と赤ちゃんのアレルギーに注意

授乳中には母体と赤ちゃんのアレルギーに注意

母乳で育てている時に赤ちゃんの肌に湿疹が出て保湿クリームを塗っても改善されない場合があります。
検査をしないと正しく判断することが出来ませんが、アレルギーの可能性もあります。

新生児なのにアレルギーになるのか疑問に思うかもしれませんが、母乳で育ている場合、赤ちゃんに送られる栄養はお母さんが食べ物から摂る栄養が主になります。
そのため特に完全母乳で育ているお母さんは自身の食生活にも気を使っていることでしょう。
その際に3大アレルギーと言われている卵、小麦、牛乳の成分が母乳を通して赤ちゃんに送られ、アレルギー症状として出ている可能性があります。

保湿クリーム等を塗っても改善されず痒みを伴うのであれば、小児科で相談しながら診察してもらうと良いでしょう。
検査は血液を採取してから検査機関で検査をするので、結果が分かるまで時間がかかりますが、仮に赤ちゃんに何らかの食物アレルギーが出た場合は、お母さんがその食材を摂取しない様にしなければなりません。
また卵、小麦粉、牛乳等アレルギーの原因となる食材を使用している食品も含まれます。
パンやうどん、ケーキ類等、私たちの生活には卵等を使用した食材は多くあるので、除去することは大変かもしれませんが、可愛いわが子のことを思えばやりきるしかありません。
気を付けなければならないことを聞くためにも、アレルギーに詳しい小児科医のいる病院だと相談しやすいかもしれません。

通常、アレルギーの原因となる食材を除去すると赤ちゃんの湿疹や痒み等は治まってきます。
今までカサカサだった肌がつるんとすることもあります。
子どもの苦しむ姿を見て、辛くない親はいないと思います。
親たちがどうにかして、自分では何かをすることのできない赤ちゃんの辛さを軽減したり解決することが出来るのであれば、頑張るしかないのです。